Tips

 
Multi Trackで複数トラックを一度に編集
Last Update 2003.4.22

トランペット、トロンボーン、サックス等でホーンアレンジをする場合、別々のMIDIトラックで編集していると、デュレーションが合わなかったり、コード感を視覚的に掴みにくかったり、非常に不便です。そこでVisionのMultiTrack機能を使って、複数トラックをひとつのGraphic Windowにまとめましょう。MIDI編集がぐっと楽になります!

Combine Tracksで複数トラックをひとつにまとめる

右図のように、例えば3管で構成されたブラスフレーズを一度に編集できれば便利です。

Tracks Windowの左側にある、各トラックの・印をクリックすると、トラック情報が反転され、トラックを選択できます。ここでCommandキーを併用して、ひとつにまとめたい複数トラックを選択します。

※同じインストゥルメントを使った別トラックをひとつにまとめると、後で元に戻したくても、別れてくれないので注意しましょう。

この状態でEditメニューから"Combine Tracks"を選択します。

MultiTrackを編集

ひとつにまとめられたトラックは、右図のようにひとつにまとめられ、非常に便利に編集することが可能になります。Tracks Window上では、Instrumentが"Multi"と表示されます。

編集作業中は、Graphic Window中程上にあるInstrumentドロップダウンメニューで、一時的に表示したいトラック(インストゥルメント)を選ぶことができます。ここで"Multi: Selected "を選択すると、さらに任意の複数トラックを表示することができます。

    

Separate Multi Trackでまとめた複数トラックを元に戻す

MultiTrackを選択してEditメニューから"Separate Multi Track"を選択すると、ひとつにまとめられた複数トラックを元に戻すことができます。

この際各トラックの名称は「MultiTrackの名前」 + 「#数字」となります。